勤務先が強制適用事業所に該当しない場合がある

基本的には社会保険への加入は強制されていますが、中にはその条件に該当しないケースもあります。例えば勤務先が強制適用事業所に該当しない場合は社会保険が完備されていないことも珍しくありません。農林水産業や理容業、美容業、興行事業といった会社は強制適用事業所に該当しないケースが多いので、社会保険は完備されていない可能性が高いでしょう。他にも旅館や料理店のような接客業、弁護士や公認会計士のような法務業といった仕事でも強制適用事業所に該当しないことがあります。このような強制適用事業所に該当しない会社は社会保険を完備することが必須ではないので、違法な会社ではないと言えます。これらの会社で働く場合は自分で社会保険への加入を行うことが重要になります。

違法な理由で社会保険を完備していない場合は注意が必要

基本的には正当な理由で社会保険を完備していない会社が多いですが、中には違法な理由で社会保険を完備していないケースもあります。例えば会社自体が社会保険への加入を拒否しているケースが考えられます。この場合は違法な理由での社会保険不完備です。保険料の負担を避けたいという思惑から意図的に社会保険への加入を行わないのでしょう。このような会社に入ってしまうと、自分が仕事上で怪我を負ったときも治療費を負担してもらえない可能性があるでしょう。社会保険への加入を行っていないので、自己負担額も高くなるという点にも注意が必要だと言えます。他にも「見習い期間だから社会保険への加入を見合わせている」という返答を行う会社もありますが、基本的には勤務がスタートした時点で社会保険へ加入する権利が発生します。

utエイムの募集には研修制度が充実しているため、未経験でも仕事を通じてスキルを身につけられるというメリットがあります。