企業研究を行う目的とは

企業研究の目的としては、まず自分と企業の相性を見極めるという点が挙げられます。いくら給与や待遇が良くても、企業風土が自分にマッチしていなければ快適に働き続ける事は出来ません。入社後にギャップを感じるとモチベーションに大きな影響を及ぼし、早期退職のリスクが高まってしまいます。早期退職は次の転職にも関わる事なので、企業研究で自分と応募先のミスマッチをしっかり予防しましょう。また、企業研究を行っておく事は採用担当官に自分の熱意を伝える事にも繋がります。企業研究を進めていくとその企業がどんな人材を求めているのかが見えてくるでしょう。志望動機にその人物を落とし込んでおけば、採用担当官からは「自社の事をよく理解している」と評価される可能性が高まります。

具体的な企業研究の実践方法

企業研究を行う際は企業概要から順番に掘り下げていくと効率的です。正式な社名・代表者の氏名・沿革・企業理念などを企業公式ホームページなどで確認してみましょう。次に、その企業が行っている具体的な事業内容をチェックしていきます。この時「誰に向けて」「どんなサービス・商品を」「どのようにして提供しているか」という3つのポイントを意識してみてください。事業内容の特徴からはその企業独自の強みが読み取れる場合が多いので、併せて確認しておくようにしましょう。また、企業研究では「業界内での立ち位置」を押さえておく事も大切です。その企業単体ではなく、業界全体や競合他社との関係性を見通してください。そこから企業が社会的に果たしている役割まで把握出来るとベストです。

utエイムの転職サイトに登録すると、自分の希望に合った仕事が見つかります。製造業に特化した求人が各地で用意されています。