志望動機や自己PRを明確にしておく

仕事探しで無事に内定をもらうためには、面接の準備が欠かせません。面接では高い確率で、志望動機や自己PRを聞かれます。ブレない志望動機や自分のアピールの仕方を考えておかなければ、いざ面接のときに緊張してうまく話せません。また曖昧な回答では、意欲が伝わりにくいでしょう。面接官は自社に合う人材かどうかを、回答を通して見極めようとしています。面接官に高く評価してもらうためには、事前に何を回答するか考えておく必要があります。企業研究や自己分析をしっかりして、インパクトのある志望動機を考えたいものです。自己PRに関しても、その会社が求めているであろう強みやスキルを考えて、一旦メモなどにまとめておくと安心です。

挨拶や礼儀作法を予行演習する

面接は回答だけでなく、立ち振る舞いやマナー面もしっかりチェックされます。慣れないことなので、できることなら挨拶や礼儀作法の練習もしておくと良いですね。面接の練習は、ドアをノックするところからきちんと行っておきたいものです。椅子への座り方や声の大きさ、敬語の使い方などどれも重要です。家族や友人に、できているかどうかを見てもらいましょう。自分では気付かない点もあるので、第三者がいれば客観的に見てもらうことができます。予行演習をしておけば、当日も堂々と胸を張って行動することができるでしょう。事前の予行演習は、緊張を防ぐことにもつながりますし自分に自信が持てますよ。そのほか、面接会場の下調べや着ていく服の準備もしておく必要があります。